エクスプレスの使い方_データベースを準備する

オブジェクト(箱)を追加する

データベースを準備します。

このサイトで実験してみることにします。

システムと設定>エクスプレス」を開くと、すでに何かが入っています…

「Contact」はデモコンテンツに入っていたもの。削除してなかったです。

「メール」は、このサイトに設置したフォームのデータを格納しておくために自動的に作られたやつです。

これらは気にせずに、右上の「オブジェクトを追加」を押します。

入力画面になるので、名前・ハンドル・複数形ハンドルを入力します。

ハンドルはシステムがこいつを呼び出すためのIDなので、他と重複しないようにします。

名前マスクは、ページで詳細を表示したくないときに設定します。(管理画面では表示されます。)

詳細オプションは必要に応じて入力します。

入力が終わったら保存を押します。

「ねこ」が追加されました。

属性を追加する

属性を追加します。まず、名前を追加しようと思います。

左の「属性」をクリックし、「タイプを選択」を押してテキストを選択します。

テキストの入力画面になるので、ハンドルと名前を入力します。

ねこの他に、いぬ、とりなども作りたいので、ハンドルが重複しないようにします。

入力したら保存します。

属性「名前」が追加されました。

同じようにして、オプションリストで性別を作ります。

日付 / 時刻で生年月日を作ります。

名前、性別、生年月日が追加できました。

フォームを追加する

追加した属性の入力欄を作ります。

左の「フォーム」をクリックすると、すでに「Form」ができています。これをクリックします。

上にある「フィールドセットを追加」をクリックします。

名前を入力…しなくても大丈夫です。「セットを追加」をクリックします。

タイトル無しのフィールドセットが追加されました。

右にある「+」ボタンをクリックします。

選択ウインドウの「属性」タブをクリックすると、さっき付けた属性があるので、クリックして追加します。

名前をクリックしてみます。

名前が追加されました。

残りも追加しておきます。

検索 / 一覧をカスタマイズ

管理画面で表示させる項目を選びます。左の「検索 / 一覧をカスタマイズ」をクリックします。

初期画面はこんな感じでした。変更する場合はチェックし直します。

さっき追加した属性だけを表示させるようにしてみます。

管理画面と、詳細ブロックでの表示に適用されるみたいです。

エントリー(中身)を追加する

さっき作った「ねこ」は、箱のようなものなので、中身を追加します。

管理画面の「エクスプレス」をクリックして、中身を追加したいオブジェクトをクリックします。

中身を追加するために、「+ New ねこ」をクリックします。

入力画面になります。

さっき追加したフィールドがここで表示されます。(フィールド追加を忘れるとここが真っ白で一瞬アセります…)

入力します。

日付がカレンダーで入力できるんですが、黒いものの下になっているところがクリックできません。スクロールもできないので困ります。

いったん入力欄の外をクリックしてカレンダーを消してから、ブラウザの縦幅を狭くします。

下にカレンダーの入る隙間がないようにすれば、

上に表示されるので、ちゃんと選択できます。

世話が焼けますね…

入力したら、右下の「ねこを追加」をクリックします。

入力した「ミケちゃん」が追加されて、次の入力ができるようになりました。

ちゃんと追加されています。クリックしてみてみると、

こんな感じになっています。右上のボタンから、編集や削除ができます。

エクスプレスオブジェクトをたくさん作ってみました

オブジェクトをたくさん作ってみました。

あとで、これらを関連付けしてみようと思います。