インストール:cPanelを使ってカラフルボックスに

私が使っているレンタルサーバーはcPanelというものを採用していて、concrete5のインストールがクリックと必要事項入力だけで完了します。(超助かる!)

cPanelを採用しているレンタルサーバーでのインストールの参考例として、インストールの流れを記録しておきます。

ドメイン設定が必要ならインストールの前に

独自ドメインでサイト運営をする場合、サーバーにドメインを設定してからconcrete5をインストールするのがいいと思います。インストール後に変更することも可能かもしれませんが、たぶん面倒な作業なのではないかと思うので。不安なこと、煩わしいことは少しでも少ないほうが良いです。

お使いのレンタルサーバーで手順などご確認ください。

cPanelにログインする

カラフルボックス」の場合で解説していきます。

  1. カラフルボックスにログインします。
  2. マイページが開くはずなので、「サービス」をクリックします。
  3. 「購入済みサービス」から、concrete5をインストールしたいサーバーをクリックします。
  4. 詳細ページが開いたら、左側にある「cPanelにログイン」をクリックします。

concrete5を探してインストールボタンをクリック

cPanelが開きます。

いろんなものがずらっと並んでいてビビりますが、スクロールしていって「ソフトウェア」を探します。

「ソフトウェア」が見つかったら、「Installatron Applications Installer」をクリックします。

Installetronが開いたら、concrete5を探してクリックします。「コンテンツ管理のためのアプリ」の中にあります。

右上の「+このアプリケーションをインストール」をクリックします。

必要な項目を入力してインストール

出てきた画面で、必要項目の選択と入力をします。

「ロケーション」と「設定」を慎重に。

「バージョン」のコンテンツのところで、デモコンテンツを入れるか否かを選びます。

はじめてインストールするときはデモコンテンツを入れて観察してみるのが使い方を理解することの助けになります。

ロケーションの選択・入力をします。

ドメインの入力欄のプルダウンメニューをクリックすると、URLがでてきます。

カラフルボックスの場合は、httpにするかhttpsにするか、www.を入れるか入れないか、選択できるようになっています。(ここに入れるアドレスは、このcPanelからアクセスするためのものらしいです。推測ですが。)

カラフルボックスは無料SSLがつくので、httpsを選んでおくといいと思います。私はつい、選択しないままインストールしてしまいました…^^;

無料SSLのご利用方法 - ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト

また、インストール前にサーバーにディレクトリ(フォルダ)を作ってある場合は、そのディレクトリ名を入力します。

作っていなくても、ここで名前を入力するとインストール時にその名前のディレクトリを作ってくれます。

設定の入力をします。変更の必要がなければそのままでよいですが、「管理者ユーザー名」「管理者パスワード」はサイトへのログインに使うので覚えておきます

管理者パスワードは、Show Password をクリックすると表示されるので、メモするか変更するかしておきます。

ここで入力する「ウェブサイトのタイトル」は、実際のサイトには反映されていないようなので、このcPanelで表示させるものなのかな…と思います。??

入力が終わったら、右下の「+インストール」ボタンを押します。

インストール後の確認

処理中の表示が始まってしばらくするとインストールが完了します。体感ですけど、ほんの1~2分くらいかな…

インストールされていることを確かめます。(これ、どういう順番で並んでいるのかわかりません。ほんとに。)

今インストールしたサイトのタイトルをクリックします。

詳細が出てくるので、確認します。

「概要」タブにはタイトルやユーザー名などが出ています。

ここでタイトルが2箇所も入ってるんですが、後でサイトの管理画面からサイト名を見てみたら「My site」になっていました。ここのタイトルは反映されてないみたいです。

そして、日本語を選んでインストールしたはずなのに、言語が英語になっています。謎です。ここで日本語を選択し直して保存しても何も変わりませんでした。

「ファイルと表」タブには、インストールされたファイルとディレクトリとデータベーステーブルがずらずら~~~っと並んでいます。

「高度な」タブには、大事なファイルの場所と、データベースの情報が出ています。

場所のURLは、ここでプルダウンメニューから変更することができます(httpかhttpsか、wwwを入れるか否か)。が、cPanelからアクセスするURLという意味らしいです。httpのサイトがここの変更だけでhttps(SSL)になるということではありません。

変更するとタイトル下のURLが変わります。

私は何も変更しないままインストールしてしまったので、ここで変更しました。

データベースにアクセスする必要があるときには、ここでどのデータベースが使われているのかを確認できます。

タイトル下のURLをクリックしてみると、サイトに移動できます。

ログインURLはブックマークしておく

タイトル下の2番めのURLはダッシュボードへのリンクです。

クリックするとログイン画面が出ます。ログインしているときなら、直接ダッシュボードに行けます。

ここをブックマークしておくと、cPanelを経由しなくてもログインできます。

編集画面を日本語化する

ログインしてダッシュボードに来てみると、英語ですね。

これでは作業がしにくいので…というかできないので、日本語にします。

管理画面の、システムと設定(System&Settings)の、基本(Basics)の、言語(Languages)をクリックします。

何やら出てくるので、上にある「Install/Update Languages」をクリックします。

ずらずら出てくるので、日本語を探します。

日本語のところにある、右の「Install」ボタンを押します。

日本語がInstallされると、Installedに変わります。

そしたらさっきの、System&Settings>Basics>Languages に戻ります。

戻ると、Default Languageを選ぶメニューができています。

日本語Japaneseを選択して、Saveします。

おお、日本語になりました!

これでサイト構築作業ができるようになりました。やったー

タイムゾーンを修正する

そしたらもう一つしておくことがあります。

管理画面 >システムと設定 >タイムゾーンをクリックします。

時間がずれてますよ!と言われてるので直します。黄色いボタン(PHPのタイムゾーンを修正)をクリックします。

タイムゾーン選択画面が出るので、「アジア/東京」をクリックしてから保存します。

タイムゾーンの修正ができました。

サイト言語を日本語にする

さて。

デモコンテンツは英語ですが、これから作るサイトは日本語です。

このまま作ってもまあ大丈夫そうなものですが、デモコンテンツのブログ記事の日付表示を見てみると、ちょっと変ですね。

これはサイト言語が英語なので、英語式の表記になっているから…のようです。

サイト言語を日本語にすると、日本でなじみのある表記に変わります。直したいです。

管理画面の「システムと設定 > 多言語 > 多言語サポート設定」をクリックします。

ここで間違えてはいけないのは、ロケール追加ボタンを押すのではなく、ロケールを変更するための編集ボタンを押すことです。

英語なのを日本語に直します!ってことです。

ロケールのところにある、一番右の編集ボタンを押します。

- - -

この多言語サポート設定の「ロケール追加」は、多言語でサイトを作るときに使うようです。参考リンク貼っときます。

ロケール変更画面が出るので、英語を日本語に、アメリカ合衆国を日本に選択し直します。

更新ボタンを押します。

すると、英語が日本語に変更されました。

ブログ記事の日付表示を見てみると、なじみのある表記に変わっています。

これでインストール後の作業はひとまず終わりです。

サイト名を変更する

最後に、サイト名を変更しておきます。

インストール時にcPanelで入力したものは残念ながら反映されないので、手動で直します。

「管理画面 > システムと設定 > 基本 > 名前&属性」を開いて、サイト名を入力して保存します。

まとめ

cPanelにログイン、ソフトウェアの「Installatron Applications Installer」からconcrete5をクリック、「このアプリケーションをインストール」をクリック、必要事項を入力してインストールボタンをクリック、という簡単な流れでインストールが完了します。

データベースも自動的に作ってくれるので迷わずにすみます。もしログイン画面のURLを忘れてしまっても、cPanelからログイン画面(ダッシュボード)に行くことができます。とても便利です。cPanelにログインさえできれば怖いものなし(?)です。

ただ、入力したタイトルがサイトに反映されてなかったり、謎も多いです。そして日本語が変です。

インストール後の作業では、サイト言語を忘れがちだと思うので気をつけます。私はブログの日付を見るまで気づきませんでした。

私はこの記事を書くためにインストールからやり直したのですが、ロケール追加とロケール変更をまちがえて、例のごとく、あれれー???になりました。テスト用にいくつもconcrete5をインストールしてるのに、忘れるんですね…。こうして「使い方サイト」をむりやり作ることでやっと覚えられました。

cPanelを使えるレンタルサーバー

cPanelでconcrete5をインストールして使ってみたいという方のために、レンタルサーバーをご紹介します。

カラフルボックス

私が今使っているレンタルサーバーです。concrete5を使うために、以前使っていたレンタルサーバーから乗り換えました。

いくつかのレンタルサーバーを検討した結果、最終的には料金で決めました。いちばん安く契約した場合、一ヶ月480円で初期費用無料です。(私は一番安く、BOX1の3年プランを契約しました。)

料金プラン比較ページ

他にも良いところがたくさんあります。

  • 無料お試し期間が30日間あって納得行くまで試すことができた
  • 途中でプラン変更ができる・ダウングレード可(支払いの確認ができ次第、即時反映
  • 今使っている地域とは別の地域のバックアップ専用サーバーに自動バックアップしてくれるので災害時も安心
  • サーバーが速い(LiteSpeedサーバー)
  • アダルトサイトも運営可能(アダルト専用サーバーがあるので、アクセスが集中したりしても通常のサーバーに迷惑がかからない)

などなど。

機能一覧ページ

もちろんマルチドメイン・サブドメイン・MySQL(データベース)無制限で、いくつでもサイトを作れます。

ちょっと残念なところは、サポートの時間帯。土日祝がお休みなのと、電話サポートを受けられるプランが限られています(ただしチャットサポートがあります)。

WordPress関連ももちろん充実

WordPressを使いたい場合も、cPanelからWordPressを簡単にインストールできます。他のレンタルサーバーで運営していたWordPressを引っ越ししたいとき、有料で移行代行をお願いすることもできます。

WordPress移行代行サービス

また、サーバー購入とドメイン設定とWordPressのインストール、SSL対応が一度にできる「WordPress快速セットアップ」というサービスもあります。

完結型サイトにはconcrete5がいいと思うけど、ブログをやりたい人にはconcrete5ではなくWordPressをおすすめします。とにかく情報が多いので安心感あります。