クリップボードとスタック

クリップボードとスタックの違いは、ページごとに編集できるか否か

ツールバー左上の+ボタンを押すとブロックが追加できますが、追加できるものは他にもあります。

クリップボードとスタックです。

クリップボードには、ブロックを保存しておくことができます。「ある程度まで編集した記事ブロックを保存しておいて、ページごとに違う内容にしたい部分だけをコピー先で編集する」というような使い方ができます。

スタックは、グローバルエリアより規模の小さいものと考えればいいのかなと思います。配置先のページごとに違う内容にはできません。

「クリップボード」は編集したブロックを保存しておける。コピー先で編集も可能

これ、追加したばかりのこのページです。

選択されてるのは「記事ブロック」を使って目次をある程度作ったやつですが、この記事ブロックをこのままクリップボードに保存することができます。

出ているメニューで「クリップボードにコピー」を選びます。

プラスボタンを押して、クリップボードを見てみると、さっきの記事ブロックが保存されています。

(デザイン&ブロックテンプレートの設定はコピーされないようです。)

クリップボードからページに追加ができます。

追加した後も、普通に編集ができます。

「ブロック編集」を選択すると編集画面になります。そして、

このブロックは別の場所からコピーされましたが、編集してもコピー元には影響がありません。

とメッセージが出ます。安心。

「スタック」はブロックの組み合わせ。ページごとの編集は不可

「スタック」は、

サイト全体には必要ないけど、特定のカテゴリでは常に表示させておきたい

というような場合に使うといいと思います。

グローバルエリアと同じく、編集が配置した全てに反映されます。

 

管理画面の「スタックとブロック > スタック&グローバルエリア」を開き、上部の「新規スタック」をクリックします。

 

「新しいスタックです」という名前をつけて、スタックを作成しました。

ややこしいので別の名前にすればよかったです…

新規をクリックすると選択肢が出るので、選択して追加します。

特色ブロックと、画像ブロックを追加して編集してみました。しょうもないスタックができました。

ページで編集しているときと同じように、ブロックごとに「デザイン&ブロックテンプレート」の編集ができます。

「変更を公開」をクリックします。

+ボタンを押してスタックを見てみると、ちゃんと追加されています。矢印を押すと内容を確認できます。

ページに追加した後、編集しようとすると、こんなメニューが出ます。

スタックの内容はページ上ではなく、さっきの管理画面で編集します。編集した内容は、配置されているスタックすべてに反映されます。

ここで「デザイン&ブロックテンプレート」を選ぶと、スタックをひとまとまりとした編集ができます

このスタックは特色ブロックと画像ブロックでできていますが、枠線を付けたときはそれらに別々に枠線がつくのではなく、このまとまりに枠線がつきます。

まとめ

クリップボードはページごと、スタックは小さなグローバルエリア、という感じで考えていいと思います。

グローバルエリアは各ページで編集できるのに、スタックはそれができないのが少々面倒に思えました。でもそのくらいは全然オッケーです。